校長あいさつ

                
 

                                                                                                         

 草加東高等学校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
 

 本校は、昭和55年に開校した男女共学の全日制普通科高校です。今年で創立40年目を迎えました。 

  4月8日に40期生322名が入学し、全校生徒966名で平成31年度をスタートしました。


 本校では、「望みを抱いて喜び、艱難に耐える」を校訓とし、「希望を持って自己実現に努め、社会に貢献できる生徒を育成する」学校を目指して、真摯に教育活動に取り組んでいます。


 特に、「確かな学力」「規律ある態度」「充実した生活」の3つを育むべき柱としてきめ細かな指導を行うことで、その成果をあげてきています。
 例えば、平成27年度から、毎朝15分間の朝学習の時間を設定しています。朝8時30分に校内を巡回しますと、全校生徒がノートを使って自主学習に取り組んでいる姿が見られます。年間では約50時間を朝学習で勉強することになり、集中して取り組めば、相当量の知識が得られ、学力向上に繋がります。
 また、高い志を育み、第一希望合格を目指して、データに基づく個別指導や進学補習を実施するなど、進路指導にも力を入れています。近年は、4年制大学進学者が増加し、難関私立大学への合格者も出ています。
 部活動は、14運動部と14の文化部があり、生徒の高校生活の充実度を高めています。関東大会や県大会に出場する運動部も数多くあります。文化部も、日頃の校内での活動に加えて、ボランティア活動や地域交流にも積極的に参加するなど、多彩な活動をしています。

 「東 輝く」。
 草加東高校では、太陽のように自らの輝きで他をも照らす、そんな生徒を、保護者の皆様、地域の方々と連携して育てていきたいと考えています。

 本校の教育活動や生徒の活躍を、ホームページ上で発信していきますので、なお一層の御理解、御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 


平成31年4月
埼玉県立草加東高等学校長  須賀 重和

 

 

校長コラム

校長コラム
123
2019/06/26new

JRC部の活動です(令和元年6月26日)

| by 校長
 草加東高校にはJRC部があります。青少年赤十字(Junior Red Cross)の略です。日常的には主に二つの活動をしています。


 ひとつは、となりにある埼玉県社会福祉事業団そうか光生園での交流活動です。そうか光生園は障害者の方たちの支援施設です。そちらにうかがって、交流のひとときを楽しんでいます。


 もうひとつは、イオンレイクタウン mori 1階にある献血ルームでの献血の呼びかけです。献血の協力をお願いして、すぐに献血をしてくださる方がいるとは限りませんが、レイクタウンでは、mori 1階で献血ができるということを多くの方に知ってもらえればと思います。
13:00
2019/06/25new

ハスの花が咲きました(令和元年6月25日)

| by 校長
 ハスの花が咲きました。その景色のなかを生徒が登校してきます。そうか公園の北側、学校のすぐそばです。


08:59
2019/06/24new

埼玉県硬筆中央展覧会が開催されました

| by 校長
 22日・23日の土日に、本庄市立東小学校体育館を会場に埼玉県硬筆中央大会が開催されました。草加東高校からは10名の生徒の作品が入選しました。
 今年度の課題は、高1が夏目漱石の『吾輩は猫である』から冒頭部分、高2・3は中島敦の『山月記』から主人公李徴の独白部分でした。


 展覧会は小学生から高校生までの大規模なもので、たくさんの人が訪れていました。
12:22
2019/06/20

教育実習生の研究授業(令和元年6月20日)

| by 校長
 6月3日(月)から卒業生4名が教育実習に取り組んでいます。最終週に入った今週は研究授業ラッシュです。今日は二人の実習生の研究授業がありました。


 それぞれの持ち味を伸ばして、いい教師になってくれたらと思います。
15:38
2019/06/19

学校連絡協議会等を開催しました(令和元年6月19日)

| by 校長
 13時から学校評議員会と学校評議員による授業見学、14時30分から学校評価懇話会、15時50分から学校連絡協議会を開催しました。
 学校評価懇話会は学校評議員にPTA副会長、後援会副会長と生徒会長・副会長が加わる形で、学校連絡協議会には生徒会を中心に生徒有志が加わる形で進めました。


 学校連絡協議会では、前回に続き生徒から4つの提起がありました。

 ①冷暖房の使用について
 ②土日の部活動ジャージ登校について
 ③女子の制服ズボンの導入について
 ④朝読書について

 それぞれについて今年度の進め方、検討状況を確認しました。また、昇降口に時計を設置する要望も出されました。
17:29
2019/06/08

草加市青少年の主張大会(令和元年6月8日)

| by 校長
 草加市立中央公民館ホールで第19回草加市青少年の主張大会が開かれ、意見発表者として草加東高校から3年生の戸張若名さん、2年生の吉原光河さんが出場しました。


 戸張さんの発表タイトルは「明るい未来のために」。児童虐待を取り上げました。
 純粋で未熟な子どもを守り、支えられる唯一の存在である親から受ける虐待とはなんなのか、戸張さんは考えを進めていきました。そして、虐待をなくせるのかどうかはわからないけれども、虐待を受ける子どもに対しても、虐待をしてしまう親に対しても、少しの異変に気づく、話を聴く、心のよりどころをつくるなど、私たちが力になれることがあるのではないかと提起しました。最後に、戸張さんの思いを、子どもと親それぞれに向けたメッセージという形でまとめました。


 吉原さんの発表タイトルは「人生における陰と陽」。SNS上で使われている「陰キャ」(陰気な性格の人)と「陽キャ」(陽気な性格の人)を例に取り上げ、人を対立する二つに分類し、片方にネガティヴなレッテルを貼ってしまうことに対して、NOを唱える必要性を提起しました。
 そして、本来は、多様で個性的な存在として認められるべき人間を、否定的に捉えず、その多様性、個性を尊重する大切さ素晴らしさを吉原さんは強調しました。

 戸張さんは最優秀賞を、吉原さんは優秀賞をいただきました。
18:00
2019/06/03

陸上競技部3年 前﨑隆英さんが2年連続の関東大会出場を決めました

| by 校長

陸上競技部3年の前﨑隆英さんが男子走高跳で2年連続の関東大会出場を決めました。学校では6月3日に前﨑さんの表彰式と生徒会による壮行会を開催しました。その日の放課後に校長室で前﨑さんから話を聴きました。

 

須賀  前﨑さんの自己ベストは昨年9月の新人大会地区予選のときに出した1m94です。今回の県大会では1m90でした。走高跳の記録というのは単純に伸びていくというものではないのですね。

前﨑  その日の風や雨の影響を受けるということがあります。風は追い風がどう、向かい風がどう、ということではなく、どの方角から吹いていても影響を受けます。それは、風によって助走のスピードを調整しなければならず、跳ぶことに集中しづらくなるからです。今回の県大会では風が強かったです。

須賀  前﨑さんは高1の9月の新人大会地区予選では1m70でしたが、県大会では1m85を跳び、それ以降は1m85以上をコンスタントに跳んでいます。そのレベルで安定してきたということでしょうか。

前﨑  1m70のときは雨が降っていました。県大会までは跳びはじめる高さを自分で設定できるので、ぼくは1m80からはじめています。関東大会では自分で設定できず、一律に1m85からはじまります。

    自分の記録を振り返ると、高2の1年間で9cm伸びるということがありました。このときはすごいと思いました。

 

須賀  走り高跳びをはじめたのはいつですか。

前﨑  中学でも陸上部に入っていて、1年のときは100mをやっていました。2年で四種競技(400m、110mハードル、走高跳、砲丸投)をはじめて、ハードルと走高跳が得意になっていったので3年ではこの2種目に取り組んでいました。

須賀  成績はどうでしたか。

前﨑  ベストは1m82で県4位でした。

須賀  中学では走高跳の指導を受けていたのですか。

前﨑  顧問の先生が十種競技の指導者でしたので、教えていただいていました。中3になるときにその先生が転勤されたので、中3では教えていただいたことを思い出しながら練習に取り組み、動画を撮って自分の悪い部分を修正したりしていました。

須賀  高校に入ってからはどのような指導を受けていたのですか。

前﨑  1年の時には中山勝秀先生がいらして教えていただいていました。2年になったときに中山先生が転勤されたので、自分で練習に取り組みました。3年になって県の強化選手に指定され、定期的に専門の先生から指導を受けられるようになりました。これは大きかったと思います。

 

須賀  ふだんはどのような練習をしていますか。

前﨑  走力をつけるため走り込みを多くしています。跳ぶ練習では、その日のチェックポイントを決めて取り組んでいます。たとえば踏み切りの位置をチェックポイントにした場合には、助走を変えていって、目標とする踏み切り位置とそれに対する助走が「これでいい」と思えるまでやってみます。ただ跳びすぎは負荷がかかりすぎるので気をつけています。

須賀  走高跳の選手は、だれもがそういう練習をしているのですか。

前﨑  ひとそれぞれだと思います。ぼくの場合は、中学でも高校でも、自分一人で走高跳に取り組むという時期があったので、自分なりに考えてこのやり方になってきました。結果的に自分のやり方を見つけることができたので、良かったと思っています。

須賀  昨年の関東大会は、直前の体育祭で肉離れを起こしてしまい、記録なしで終わりました。悔しかったですか。

前﨑  踏み切る足に肉離れを起こし、毎日通院し、当日はぐるぐる巻きにして出場したのですが痛みはあり、跳べませんでした。ただ、悔しいというよりは、関東大会に出られたことで良かったという気持ちでした。

須賀  今回の関東大会はどうとらえていますか。

前﨑  自己ベストを出すこと、入賞することを考えています。

 

 高校生になると、だれもが自分の成長を自分が考えていかなければならなくなってきます。前﨑さんは、走高跳を通じて中学生のときから自分を成長させるための自分のスタイルをつくってきたように思えます。自分の欠点に気づきそれを直す、ということは比較的だれにでもわかりやすいのですが、自分の良いところ、優れているところに自分が気づき、それを伸ばすというのはかなり難しいのではないかと思います。前﨑さんの強みはなんですかと尋ねたら、「上に踏み切る力です」と答えてくれました。今回の関東大会が彼の関東大会になるよう期待したいと思います。


18:23
2019/05/31

第40回体育祭を開催しました(令和元年5月31日)

| by 校長
 雨で予行とともに1日順延した体育祭を開催しました。草加東高校の体育祭は今年で40回を数えます。



 ベストを尽くし、そして楽しむ。生徒たちのそんな姿が随所に見られました。


 応援に訪れてくださった家族の皆さまから、たくさんの声援をいただきながら、高校生活の大切な一日を過ごしました。



17:22
2019/05/27

2年生の環境整備委員が花を植えました(令和元年5月27日)

| by 校長



 今日の放課後、2年生の環境整備委員が環境美化活動の一環で、プランターに花を植えました。植えたのはペチュニアです。同じペチュニアでもこんなにヴァリエーションがあるんだと驚きました。植え終わったプランターは、正門を入った右手に並べられています。
17:07
2019/05/23

防火防災訓練を実施しました(令和元年5月23日)

| by 校長
 中間考査最終日の今日、全校で防火防災訓練を実施しました。
 わたしたちは災害報道に日常的に接しています。災害は身近にあるものとして日頃から意識する必要があります。


 避難訓練の後は、学年ごとに防災体験を行いました。



 1年生は消火体験です。


 2年生は起震車体験、3年生は煙体験でした。


12:56
123