吹奏楽部日誌 >> 記事詳細

2019/02/06

東部地区高等学校音楽祭&予餞会

| by 2018057

こんにちは、草加東高校吹奏楽部です。

1月30日水曜日に久喜総合文化会館で行われた「埼玉県東部地区高等学校音楽祭」に参加して来ました。

1年生の書いた感想用紙から4人分を抜粋して紹介します
絵文字:キラキラ

①ステージでの演奏はとても緊張しました。
頭が真っ白になり、口・息が震えてしまい、練習通りの演奏をすることができませんでした。
次の演奏では緊張をしてもしっかり吹けるように練習をもっと頑張りたいです。
他校の演奏を聴いて、やはり人数は大切だなと思いました。特に低音が安定しているとよく聞こえたので来年はたくさん新入部員が入部してくれるといいなと思います。これからの練習では肺活量をもっと増やして、低い音のロングトーンもしっかり練習します。

②今回が初めての音楽祭でした。吹奏楽部だけでなく、合唱部や特別支援学校の方たちの発表を観ることができて新鮮でした。
特に私たちとメッセージ交換をした合唱部さんの発表にとても感動しました。
少人数ながらホールの奥まで声が響いていてキレイでした。
自分達の発表では、合奏の時に注意されたことを意識しながら吹くことができました。音量が合わせられたとも、音程がぴったりだったとも言えないですが、多少の緊張のなか楽しんで吹くことができたのでよかったのかなと思います。

③他校の演奏をたくさん聴くことができてよかったです。
人数が多いとそれだけで迫力がでて、低音の厚みもあり良いなと思いました。
来年は低音とTp3人は欲しいです。全体で20人くらいいると、もっと曲のレパートリーが増えて、更に楽しくなると思いました。切るタイミング、縦が揃っているだけで曲がはっきりしていたので、これからはもっと周りの音を聴いていこうと思いました。また、楽しそうに演奏することで、観てる人も楽しませることができると分かりました。ポップスの時は特に心がけたいです。

④色々な団体の演奏を聴いて、息の入れ方や表現の仕方がそれぞれの団体ごとに違って勉強になりました。普段聴くことのできない演奏を聴くことができたので、とてもいい経験になりました。
また、音が出る・出ないに関係なくしっかり息を入れ、楽しんで吹くことが大事だと思いました。
次の練習から、「とにかく息をしっかり入れる」、「楽しんで吹く」この2つを目標にしていきます。気を引き締めて取り組んでいきます。



「埼玉県東部地区高等学校音楽祭」では吹奏楽部以外にも合唱部・音楽部・音楽選択の生徒の合唱など全22団体、個性の光るパフォーマンスを見させていただきました。

そして2月5日火曜日には予餞会(三送会)が本校体育館にて行われ、3年生の入場曲を私たち吹奏楽部が担当しました。
演奏した曲は先日活動休止を発表して話題になった「嵐」さんの「Happiness」(2007)です。
予餞会に彩りを添えることができたと思います。

写真は予餞会にて演奏する様子です。

(予餞会にて入場曲を演奏しているところ)








13:00 | 投票する | 投票数(5) | 報告事項