活動報告 >> 記事詳細

2018/02/13

女子テニス部練習試合(市立柏高校)

| by:42

こんにちは。女子テニス部です。

2月10日の土曜日に本校で、千葉の市立柏高校と練習試合を行いました。
当初は2月11日の日曜日に、丸一日かけて行う予定でした。
しかし日曜日の天気予報が雨だったため、急遽土曜日の午後に実施しました。
時間が短くなってしまったので、試合をショートゲームにするなどして、なんとか多くの試合を行えるようにしました。




↑実際の試合の様子です。



練習試合の結果ですが・・・
完敗でした。

↑Sが草加東、Kが市立柏です。ほとんどKに丸がついていますね・・・

この練習試合で感じたのは、市立柏高校の選手の技術も勿論ですが、何より彼女達の心と体の強さです。
草加東高校18人に対して、市立柏高校は7人。
必然的に市立柏高校の選手は試合数が多くなります。
1人最低でも4試合はしたのではないでしょうか。
ほぼ休みなく試合が行われ、おそらく疲労も相当溜まっていたと思われます。
しかし、誰一人不平不満を言うことなく、黙々と試合に臨んでいました。
そのテニスに対する姿勢から学べることは多かったと思います。


草加東の良い点を見れば、ダブルスの金田・中島(各1年)ペアや、
2年生の松橋(部長)、加藤(副部長)、田沼がシングルのショートセットで勝利することができました。(そのほかタイブレークでいくつか勝利あり)
また市立柏高校の顧問の滝沢先生からも、全員がきちんと打てることを褒めていただきました。

テニスは個人種目でもあり、団体競技でもあります。
全員がきちんと打てるという総合力は必ず武器になるはずです。
この総合力を磨くべく、市立柏高校の選手から倣いましょう。
つまり、技術だけでなく、心と体の強化が必須ということです。
この練習試合から得たものを、普段の練習につなげていきましょう。

市立柏高校の皆様、本当にありがとうございました。

09:01 | 投票する | 投票数(5)